銃砲刀剣類の申請

銃砲刀剣類の申請_熊本_石原大輔行政書士事務所

狩猟、有害鳥獣駆除又はクレー射撃などで使用する銃や人命救助、動物麻酔、漁業、建設業で使う救命索発射銃、救命用信号銃、麻酔銃、捕鯨砲、もり銃、建設用びょう打銃などを所持しようとするため。狩猟、有害鳥獣駆除、と殺、漁業又は建設業の用途や祭礼等、博覧会での催しにおいての展示、博物館などの施設においての展示のために銃砲または刀剣類を所持するには「銃砲又は刀剣類の所持許可」が必要です。

住所地を管轄する警察署に申請します。 

 

申請書を提出する前に 

猟銃等講習の受講、射撃教習(技能検定)の受講など講習を受けて、講習修了証明書・教習修了証明書又は技能検定合格証明書の交付を受けます。各申請時に添付書類として必要です。

 

 

銃砲刀剣類の所持許可_アイコン_熊本_石原大輔行政書士事務所

銃砲又は刀剣類の

所持許可の申請

 

古式銃砲刀剣類の登録_アイコン_熊本_石原大輔行政書士事務所

古式銃砲及び刀剣類の

登録

 


石原大輔行政書士事務所問合せ先