出張封印(普通車)

自動車_廃車_熊本_石原大輔行政書士事務所

新しく車の購入や、引っ越しをされて住所の変更により自動車のナンバープレートが変わる場合、使用保管場所の管轄の警察署で車庫証明申請手続きに、熊本県運輸支局へ車両を持込み、手続きとナンバープレートの交換を行います。

その際、普通自動車はリアナンバーの左上に「封印」をしなければなりませんが、この封印を行うには、車両を運輸支局に持込む必要があります。

いずれの手続きも平日のみとなり、時間の都合が取れない方もいらっしゃると思います。

そんな時に、自宅の駐車場や法人のお客様は会社の駐車場で、出張封印の資格を有した行政書士(丁種封印会員行政書士)により封印を行うことです。 


出張封印のメリット


①陸運支局に車を持込む必要がない。

②依頼者の都合に合わせやすい。

③旧ナンバープレートは封印後に行政書士が責任もって返納いたしますので、依頼者は封印時に立ち合っていただくだけでOK。


出張封印のデメリット


①報酬の支払いが発生する


出張封印ができる場合


  • 個人売買や譲渡による名義変更など ※所有者が自動車販売業者等の場合は除きます。
  • 引っ越し等による住所の変更登録手続き
  • 本社の移転等による社用車の変更登録手続き
  • 希望番号のナンバープレートへの変更手続き
  • 地方版図柄入りナンバープレートへの交換手続き

出張封印ができない場合


  • 字光式ナンバープレートへ変更
  • 車台番号が確認できない場合
  • ナンバープレートの取り付けボルトが錆びにより取り外しができない場合
  • ナンバープレートの取り付けボルトが通常長さ15mm以外の場合(盗難防止用など特殊なボルトなど)
  • 不正改造車
  • 新車ディーラー様(乙種)や、各都道府県の中古車販売協会会員の中古車販売店様(丙種)による委託範囲に係るもの
石原大輔行政書士事務所問合せ先