移転登録(名義変更/普通自動車)

自動車_名義変更_熊本_石原大輔行政書士事務所

一般的には「名義変更」と呼ばれていますが、正式名称は移転登録といいます。自動車を売買や譲ってもらうとその自動車を使用する人が変わり、自動車を使用する住所を管轄する運輸支局で手続きを行う必要があります。変更しないでいると前の所有者と税金・保険などのトラブルの元になり、正しく手続きをしておかないと場合によっては法律(道路運送車両法)により罰金を課されることもあります。そうならない為にも手続きはお早めになされることをおすすめ致します。


申請に必要な書類


■共通の書類
  • 自動車検査証(車検の有効期間のあるもの) 
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの) 
  • 譲渡証明書(旧所有者の実印を押印) 
  • 印鑑(本人が直接申請するときは印鑑証明書の印鑑(実印)、代理人が申請する場合、代理人は記名でよい) 
  • 委任状(代理人が申請する場合。旧所有者の実印と記名が必要です。)

以下の書類は運輸支局・自動車税事務所で入手できます。

  • 申請書(OCR シート第1号様式)
  • 手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付) 
  • 自動車税(環境性能割・種別割)申告書

 

■新所有者・新使用者が同一の場合(上記「共通の書類」に加えて)

  • 新所有者の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 新所有者の印鑑(本人が直接申請するときは印鑑証明書の印鑑(実印)、代理人が申請するときは代理人は記名でよい)
  • 新所有者の委任状(代理人による申請を行う場合は実印を押印、本人が直接申請するときには不要)
  • 新所有者の自動車保管場所証明書(車庫証明と言われるものです。住所等を管轄する警察署より証明を受けたもので発行後、概ね1ヶ月以内のもの)使用の本拠の位置が変更になり、且つ自動車保管場所証明書適用地域の場合に限り必要です。

 

■新所有者・新使用者が異なる場合(上記「共通の書類」に加えて)

  • 新所有者の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 新所有者の印鑑(本人が直接申請するときは印鑑証明書の印鑑(実印)、代理人が申請するときは代理人は記名でよい)
  • 新所有者の委任状(代理人による申請を行う場合は実印を押印、本人が直接申請するときには不要)
  • 新使用者の住所を証する書面(個人においては住民票(マイナンバーが記載されていないもの)または印鑑証明書、法人にあっては登記簿謄本等で発行後3ヶ月以内のもの)
  • 新使用者の印鑑(本人が直接申請するときは認印、代理人が申請するときは代理人は記名でよい)
  • 新使用者の委任状(代理人による申請を行う場合は認印を押印、本人が直接申請するときには不要)
  • 新使用者の自動車保管場所証明書(新使用者の住所等を管轄する警察署より証明を受けたもので発行後、概ね1ヶ月以内のもの)使用の本拠の位置が変更になり、且つ自動車保管場所証明書適用地域の場合に限り必要です。

費用


  • 登録手数料500円
  • ナンバープレート代(自動車登録番号の変更を伴うとき)
  1. ペイント式一連番号(普通車)1,560円、(大型車)2,060円
  2. ペイント式希望番号(普通車)4,100円、(大型車)5,020円
  3. 字光式一連番号(普通車)3,120円、(大型車)4,120円
  4. 字光式希望番号(普通車)5,460円、(大型車)6,340円
  • 自動車税及び環境性能割(税額については各都道府県税事務所にお問い合わせください )

 

注意事項

  • 他の管轄の運輸支局・検査登録事務所から転入した場合及び新たな地域名表示ナンバープレート(ご当地ナンバー)への変更が伴う場合等、ナンバープレートが変更となりますので申請時に自動車が必要になります。
  • ナンバープレートを変更する際は登録手続き時に運輸支局で行いますので、事前に外したり、後部ナンバープレートの左側にあります封印を外したり、破損等をされないようにしてください。
  • 未成年者が所有者の場合には、両親の実印を押した同意書、戸籍謄本、両親のうち1名の印鑑証明書が必要となります。
  • 使用の本拠の位置に変更がないとして、自動車保管場所証明書の添付を省略する場合は従前の当該使用の本拠の位置に引き続き拠点があることが分かる書面が必要となります。

ダウンロード
譲渡証明書
移転登録の際に必要となる書類です。
jyoutosyoumeisyo.pdf
PDFファイル 207.1 KB
ダウンロード
委任状
代理人が申請手続きをする場合に必要となる書類です。
ininjyou.pdf
PDFファイル 302.3 KB

移転登録(名義変更/軽自動車)

軽自動車も売買や譲渡で名義変更の手続きは必要になります。申請する窓口は、九州運輸局熊本運輸支局ではなく、軽自動車協会 熊本事務所になります。


申請に必要な書類


  • 自動車検査証(車検証)原本 
  • 申請依頼書令和3年1月4日から押印が廃止されました。従前の様式で押印された書類でも当面の間使用できます。しかし、不正流通を防ぐために押印の無い申請については所有者に確認の連絡を取られるようですので、手続きをスムーズに行うためには押印されていた方がよろしいかと思います。) 
  • ナンバープレート管轄が変わる場合。熊本→熊本のように同じ管轄の場合は不要です) 
  • 税止め申請書(必要な場合)
  • 希望番号予約済証(希望番号にしたい場合に必要になります)
  • 新所有者の住所を証する書面

   個人の場合(発行されてから3ヵ月以内のもので次のいずれか1点。※コピーでも可能です。)

  • 住民票の写し(マイナンバーの記載なし)
  • 印鑑証明書

 法人の場合(発行されてから3ヵ月以内のもので次のいずれか1点。※コピーでも可能です。)

  • 商業登記簿謄(抄)本
  • 登記事項証明書
  • 印鑑証明書

 ※上記書面が存在しない法人の場合は、公的機関が発行する事業証明書営業証明書課税証明書または電気・水道・都市ガス・固定電話などの料金の領収書の法人名と住所の記載があるものならば使用者の住所を証する書面として使用可能ですが、管轄の軽自動車検査協会によって扱いに差がある事がありますので、事前に軽自動車検査協会に確認しましょう。

 

以下の書類は軽自動車検査協会で入手できます。

  • 自動車検査証記入申請書(OCRシート)(軽第1号様式または軽専用第1号様式)
  • 軽自動車税申告書・自動車取得税申告書

費用


  • 自動車取得税(当年ものはかかりますが、初度登録から1年以上経過していればかからない場合があります。要確認ください。)
  • ナンバープレート代(ナンバー変更がある場合)
  1. ペイント式一連番号…1,560円
  2. ペイント式希望番号…4,100円
  3. 字光式一連番号………4,900円
  4. 字光式希望番号………6,580円
石原大輔行政書士事務所問合せ先